いたいのとんでゆけ と 腰痛

 

7月12日に第一回いたいのとんでゆけ講座を開催いたしました。

いたいのとんでゆけ の 今後の講座、詳細についてはこちら

 

腰の痛み、取れちゃいましたね・・・

いたいのとんでゆけ!は昔から使われていた技術を、身体意識やエネルギーワーク、ボディワーク、心理療法、EFT,TFT、トラウマ解放などの技術を合わせてアレンジしたオリジナルのやり方です。

なので、痛みはもとより、不安や恐怖心、トラウマといった問題も同時に解放できます。かかる時間は数秒です。

10年続く坐骨神経痛や、腰椎椎間板ヘルニアと言われた痛み、その日の朝に起こった息子への怒りもその場で消えたりしています。

それが何を示しているかというと・・・

・腰痛は、その組織自体の痛みだけではない。 ということ。

・痛みは、神経(自由神経終末)からくる脳への刺激だけではない。ということ。

 

痛み。

 

と一言でいっても、その中身は様々なのです。

子供であれば、痛いと泣いているときに何を思っているでしょう。

 

言葉の「痛い」だけではないもっと違う意味を持っていることに気づくと思います。

 

痛くなるのではないかという不安、また痛むかもしれないという恐怖。

痛みがもし10段階評価で8と言われた時、

その痛み8の内訳を考えたことがあるでしょうか?

自由神経終末が関係する、生理学的な痛みが 3
痛みに対する不安からくる痛みが 4
身体の歪みからくるストレスが 1

 

なんてこともあり得るのです。

 

もちろん、肉体の治療はするべきです。

ただ、それだけではない、というより、多くの慢性痛の場合、身体の構造的な治療以外の解決策がある事も多くあると思っていることは大切なことだと思います。

 

痛みはメッセージ、耳を傾け傾聴すると、自分自身の生活の中にそのヒントをみつけることが出来るかもしれません。

 

質問、ご相談はこちら

ランチ会や講座もしています。直接ご質問なども受けているので気になる方はどうぞ。

いたいのとんでゆけ講座

榛原郡吉田町、新宿神楽坂の治らない症状も改善する治療院

Healing House Sattva 整体院

コメントは受け付けていません。