顎関節症の治し方

顎関節症の治し方

噛む時や口を開ける時に雑音がしたり、痛みがある、正常に開口出来ない状態を言います。

治療法は、
手術、マウスピースの装着顎周りの筋肉のマッサージを勧められる事もあります。

自宅で改善するには、顎周りのマッサージは有効です。

顎周りー耳の後ろから鎖骨にかけての筋肉をマッサージしてアゴが空きやすくなるかをやって見ましょう。
その場でアゴの開きが変わる人は続けるとよいです。

ただし、顎が原因で無い場合も多く、根本治療が難しいので継続したケアが必要になります。

根本的な問題な探し方は、
・顎関節症がで始めた時期
・痛みが楽になる時
・辛くなる時
・顎の緊張を感じる時

を探しましょう。

特に心理ストレスが関係する顎関節症の治療に有効です。

心理ストレスが顎の問題に影響していることは多く、特に歯ぎしりはストレスを解放するために起こると言われます。

寝る時に歯ぎしりをしてしまう人はなにか強い緊張があるのかもしれません。

当院では、
フィシオエナジェティックという検査方法を用いて、心理ストレスや歪みの原因を取り除き改善して行きます。

コメントは受け付けていません。