感情解放 と 内臓 と EFT

image image image

感情と内臓の関係は多くの書籍で語られるようになりました。

日本の言葉で

腹が立つ、肚を決める、胃が痛い、反吐が出る、胸焼けがする、など感情の表現を身体で表すことが多い事からもわかります。

身体の感覚が鋭い人ならば、怒りや、悲しみで身体の様々な部分に変化を感じるでしょう。

ジャン・ピエール・バラル D.O(Doctor of osteopathy)

の 体からのシグナル

では、冒頭で。

身体とそれが起こす反応を怖がらないようにしよう、感情を表に出すようにしよう。感情は身体に影響を与えることを忘れてはならない。

 

とあります。

反応の仕方は決まった序列があり、器官がストレスを受けた強さ、激しさ、持続期間に影響される。

順に

・最愛の人との別れ

・離婚、離職

・望まない転居

 

内臓は感情によって左右され、感情は内臓の状態、身体の状態によっても変化する。

 

そう考えると日々の生活をしっかりと過ごすことが、心身共に健全な状態に近づく一番の近道だといえる。

 

それは未来のことやスピリチュアルなものに心奪われることではなく、今そこにある現実にしっかりと向き合うこと。

身体的な健全 と 精神的な 健全 と双方を手に入れるのに、ボディーワークやEFTなどの感情解放が助けとなる。

 

当院の患者様でも、心の問題が絡み合った複雑な症状の方が多く見えていて双方からのアプローチが必要になることがほとんど。

本人が身体を痛めただけだと思っていても、そこに絡む環境や状況が影響していることは少なくない。

 

 

 

なかなか治らない症状専門 榛原郡吉田町の不思議な整体院 Healing House Sattva

ご予約・ご相談は、

こちらの 申込フォーム を クリック。

 

 

コメントは受け付けていません。