足底腱膜炎に首の治療が必要な時

 

絵の下手さを患者様によく言われます^_^;

今回野球少年が足底腱膜image炎で踵が痛いと訴えみえられました。

一言で足底腱膜炎といっても原因として様々なことが考えられます。

電気治療、湿布でも運動をしなければ自然治癒力で徐々に回復するのが普通です。

しかし、大会中などで運動は休めない。事も多いと思います。

痛みの度合いを聞くと、耐えられない痛みが10点とすると、6点ほどの痛み。

 

片足で爪先立ちをさせると痛みがでます。

現在学校で陸上練習が始まりハードルの練習中ということで踏切が出来ない悩みがあります。

 

大切なのは体のバランスで、故障の主な原因は

・首の問題(寝方)

・野球という偏ったバランスになりやすい競技

・普段しないハードルという競技の練習を始めたこと

 

が主な原因と思われました。

首の治療のみで痛みの度合いは

6→3へ。

全体のバランスを取るとほぼ0に。

 

しかし、治療はこれで終わりではありません。

そもそも、痛めてしまった原因は、

・首の問題(寝方、うつ伏せで寝る癖)

・野球という偏った体の使い方

・慣れないハードル競技

 

家での生活習慣、野球に特化してしまった体のバランス。の修正をして行かねばなりません。

足底腱膜炎と首の治療2へ続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。