ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛

ヘルニアと狭窄症と坐骨神経痛と順番になっていった患者様。

当院に来院された患者様。

腰が痛み始め病院にいくと、画像診断の結果ヘルニアだと言われる。

治療は湿布と電気治療。
良くなったり悪くなったりしながらなんとかやっていた。

その後数年して痛みがひどくなって通院すると、今度は脊柱管狭窄症だと言われた。

画像診断で、少しだけ狭くなっている部分があるからそこだろうと。

手術するほどではないと言われ、そのまま放置。

その後また痛みがひどくなり、今度は足の感覚が鈍くなりはじめ、また病院にいくと坐骨神経痛と言われた。

足首を治療して、その後数回の治療で症状は全部解消した。

この数年間はなんだったんでしょう。

実際は足の捻挫に始まる筋肉、筋膜の捻れからくる筋肉痛だったんです。

画像診断、レントゲンに筋肉は映りません。

言われることが度々変わる場合、セカンドオピニオン、サードオピニオン、意見が違う場合。お医者さんの検査機でみていない部分を見る必要がありますね。

コメントは受け付けていません。