人生を前に進めるためのセッション

人生を前に進めるためのセッション

Sattvaスペシャルフルセッション120分コースを受けていただきました。

身体の構造
エネルギーレベル
これから未来への準備と心構え

の3つを一緒に行っていきます。

20代男性
ひとつの仕事の終わりを迎えて、今後本当の自分は何をしたいのか。

そもそも、今までの仕事は自分にとってどうだったのか。

彼と話をしていて自分と向き合うことの必要性を感じ、治療よりも先に自分に対する認識が
どのような状態なのかを確認してもらうことを優先しました。

好きなこと             嫌いなこと  を書いてもらいます
自分と向き合うことを避ける  自分と向き合うことを避ける
犬、猫が好き            父との対立
自転車やドライブが好き    ネガティブに傾きやすい
人と遊んでいる時

15分ほど考えてもらいここまで出ました。
逆に言えばこれだけしか出ませんでした。

なかなか意見が出てこない状態をキネシオロジー、フィシオエナジェティックで掘り下げようとすると、緊張状態が頻発し拒否反応が起こりました。

筋肉が緊張してしまい。
身体に聞くことができない状態になってしまいました。

自分と向き合うことに過度の緊張があり、
体を使っての反応が出なくなってしまうので、エナジーダウジングで
エネルギーレベルでの掘り下げを行いました。

精神心理ストレスが原因で
幼いころの母への感情がありました。
それを解決するために3つのフラワーエッセンスの必要性が出ました

ラーチ 劣等感
ビーチ 批判的
セントリー 自分の意志を伝えられない

しかし、エッセンスだけでは解決しないと出ます。

さらに掘り下げると、アイソレートされた精神の問題が左下半身のエネルギーレベルにありました。

そこは、
自己中心的 (何のエッセンスか忘れました。)
ハニーサックル 過去にとらわれている

これも母に対する感情です。

これをインナーチャイルド療法を使い

幼いころの母に対しての感情を感じてもらい、幼い自分を慰め、愛し、受け入れてもらうように語りかけていきました。

手の中に抱いた幼き日の自分のイメージが最初は重く辛いものだったのが、フラワーエッセンスを飲んでもらい自分自身を受け入れ愛してもらうセラピーをしたところで、過去の感情を受け入れる事ができるようになり
重く辛かったインナーチャイルドは軽く透き通った感じに変わっていったということです。

過去のトラウマを受け入れることができるようになったため
もう一度自分の好きな部分を考えてもらいます。

そうすると

好きなところ
身体を動かしている時
外で呼吸をしている時
旅をしている時
瞑想している時
読書している時
映画を見ている時
絵を見ている時
ライブで楽しく踊っている時

とたくさんのアイディアが出てきました。

初めに出ていたいくつかの項目と趣が違うのがわかります。

キネシオロジーで改めて好きなところを確認していくと

最初にあった
人と話すこと
犬や猫
人と遊ぶ

の項目は、筋力が弱化してしまいました。

本来こういう状態は望んでいなかったのかもしれません。

過去のトラウマにより隠されていた自己は
一人で自分と向き合うことを望んでいたのかもしれません。

自分の好きなところに向かうことに対する矛盾を解消したら次は嫌いな部分に移ります。

エナジーダウジングで優先順位を聞いていくと
父との対立 をやるべきと出ました。

父との対立 を引き起こしている問題として
先祖の問題
過去のトラウマ
第6チャクラレベルでの心理の逆転

を解消する必要がありました。

尺骨動脈のリコイル、中指のねじれのリリースその後
手相からの繋がりをたどり、天地をつなぐミッドラインのエネルギーの停滞を解消しました。

過去のトラウマはUETで解消

第6チャクラの心理の逆転 は左のアストラルレベルの制限をツーポイント
で解消し、環椎後頭関節をリリース後受け入れの動作をしてもらい
逆転する心理を受け入れることで解消されていました。

父に対する治療前のイメージ、軽蔑、緊張、ストレス
治療後は自分を信頼する事ができる様になりやわらかな気持ちでイメージできるようになったということでした。

母が自己中心的で受け入れられなかったという感情

そこから自分自身を信頼できなくなり

父に対して、軽蔑することでしか自分を表現できなくなってしまった。
と思われました。

自分を信頼することができれば父を軽蔑する必要もなく
母を受け入れる事もできる。

軽蔑も自己否定も

信頼という本質の形を変えた表現だったのかな・・・

表に出ている感情は必ずそこにその人の本質と呼ばれる大切な内面が現れています。

自分を受け入れ大切にすることができれば見えていた世界も
広がっていくのかもしれません。

過去のトラウマや父への軽蔑の気持ちを解消すると。

これから先の行動も自然と楽しく感じられるようになり、
いきいきとこれからについて考えていくことが出来ました。

今後の活動として
自分にとっての幸せは必ずしも今までの仕事である必要はなく
自分を信じ受け入れた先に安らぎがあり、そこから繋がる人との関係が
穏やかで安らぎのあるものになっていくようにする。

そしてそのための行動は
ボランティアや、施設との関わりを作っていく

ことに。

これは仮ぎめですが、自分の軸があればいつでもそこに戻って考えなおすことができます。

2日間かけての旅でまた楽しい出会いがあり、多くの学びがありました。

先週のプラサード先生のエッセンスが今回東京でT先生、I先生と話をすることでより深い理解に変わりました。

よりよい明日を迎えられるよう
僕と関わる人達が自分で自由に幸せな選択をできるサポートができるように

これからも努力を続けていきたいと思います。

このご縁に感謝です。

コメントは受け付けていません。