副腎疲労症候群

 

最近の患者さんで特に多いです。

原因不明の倦怠感、疲れ、だるさ、頭痛、精神的ストレス、うつ

その原因。

副腎疲労将軍”(-“”-)”

じゃなかった

副腎疲労症候群

別名 アドレナルファティーグ

※こんな人は注意※

PAK86_asacyun20140125500

• 朝起きられない。
• 熟睡できず、朝に目が覚めても疲れが取れない。
• 甘いものや塩分が高いもの(しょっぱいもの)を好んで食べる
• エネルギーが不足している感じ。元気が出ない。
• いままで出来ていた仕事量がいまや困難になってきている。
• ストレスに弱くなり、八つ当たりやふさぎ込むことが増えた
• 風邪にかかりやすくなかなか治らない。ぶつけた傷なども治りにくい。
• 起立性低血圧をおこす。座っていて急にたつと目の前が真っ暗になる(真っ白になる)。
• 気持ちが落ち込む。”うつ”っぽい気がする。
• 今まで大好きな趣味や楽しい出来事がそれほど楽しく感じられない。
• 最近 物忘れをする。記憶力が落ちた気がする。
• 集中力が低下している。

ここにチェック表も。

上の項目に引っかかる人はクリックして調べてみてください( `ー´)ノ

 

こんな場合は整体や接骨院でコリやハリを治療するだけでは改善しません。

 

「おらここ揉んでくれや!」

って副腎疲労将軍様も世の中にはいらっしゃるんですが、それ揉んでもまったく治らないですから。

そんな将軍の特徴。

なんで起こるの?

 

副腎疲労は様々な原因から起こり

構造的問題 ←身体のこと

長時間の労働、肉体的な疲労、睡眠不足、姿勢

ケミカルな問題 ←食べ物とか生活で使ってるものね

化学的ストレスー偏った食品摂取(過剰な精製食品、白砂糖や添加物、着色料、保存料、合成甘味料)
大気汚染、殺虫剤、産業廃棄物、酸素欠乏(呼吸が浅い、高地)

砂糖とかチョコレートとかコーヒーが関係してる人はうちの患者さんですんごく多いです。

 

・温度
急激な温度変化、季節の変わり目

・精神
愛する者の死、恐怖、恥、プライド 等

そう、こんなストレスに悩まされていると思ったら、

「揉んでくれや!」の副腎疲労将軍様も御苦労なさっているんですね。
と優しい気持ちになれます。

なりにくい人の特徴があるんですが、その逆がなりやすい人なのでちょっと自分なりの解釈でまとめてみました。

髪ー薄く細い
顔立ち-力なくほっそりしてる
前頭部-生え際は後退している
鼻ーしゅっとしてる
唇ー薄い
頭蓋骨-ほっそり
首-細くて長い
胸-狭くて薄い
腹-狭くて薄くてへっこんでる
生殖器-小さい
四肢-細くて長い

あれ?( ゚Д゚)
こんな人近くにいたような・・・・・そう、あなたです!!

なんちて。

当院では、副腎疲労が関係する腰痛、肩の痛み、首の痛み、原因不明のだるさ等について内臓の反射点やキネシオロジーなどの身体の反応を見て検査しています。

 

もしかしてそうかな?項目当てはまってるけど大丈夫かな?

気になる症状の方、ご相談くださいませ。

当院では、精神的ストレスや対人恐怖に対する精神療法(内容は話さなくても目の動きだけでストレスを改善する方法もあります。)

身体の不調を改善し疲れにくいからだ。 にしていきます。

治療でその場での改善はありますし、症状としてさっぱりなくなってしまう方もいますが、生活習慣と深いかかわりなので当院では家での生活を主に指導させていただいてます(#^.^#)

結果としてまったく気にしていなかった症状も改善してしまう方がとっても多いんです。

 

うーん、恐るべし砂糖や化学薬品の害( ゚Д゚)

 

アドレナルファティーグ絡みの最近来た患者さんの症例を・・・

サッカーボールを蹴る時に内腿が痛くて蹴れない。

なんと中学生(‘Д’)

これ副腎疲労症候群からくる大腿内側(薄筋、縫工筋 等)の筋力低下のせいでした。

筋力も落ちるんですよ((+_+))

ということは子供でなってると部活のパフォーマンスも・・・

その子は骨盤の調整のみで、その場ではそれだけで力もがっつり入るようになり治ったように見えたのですが

大阪のおやっさん(勉強会で出会った大先輩です)がそれ副腎疲労症候群ちゃうん?
と言ってくださり副腎にアプローチしたら筋力は正常、以降痛みは再発せず、その治療一回でほぼ完治です。

食生活を突っ込んで聞いたら紅茶をたんとのむということで辞めさせました。

5月、学年が変わって疲れが出るタイミングだったのとカフェインが負担だったんですね。

内臓と関連筋、大切なんだな。

副腎疲労の状態で筋トレしても筋肉つかずに疲れがたまって悪化する恐れもあります。

 

うちの子は?って方は気軽にご相談ください(#^.^#)

相談無料です

healinghouse.sattva@gmail.com

 

 

コメントは受け付けていません。