症例ー潔癖性と強迫性障害②

 

榛原郡吉田町のなかなか治らない症状専門 sattva整体院

潔癖性と強迫性障害  の症例の続きです。

2回目の治療

今回はお風呂に入ると6時間身体とお風呂を洗い続けて出れなくなってしまう部分にフォーカスしていきました。

まずは、エナジーダウジングによる原因の掘り下げからはじめます。

受胎後3ヶ月の怒りの感情

過去生からの問題

が関係しているとでます。

過去生の問題は中心軸と繋ぎペンデュラムでバランスし解消。

怒りの感情に対しては、問題に向きあう向き合い方を変えた方がよいと感じていたのでインナーチャイルド療法を選択しました。

20年間解決しない問題はその人の問題への対処の仕方、向き合い方を変えなければなりません。

「これからはもっと頑張ってやりたいことに取り組もう!戦おう!と思っています。」

と彼がいった時に、頑張ってほしい、ではなくこれでは解決しないーと感じました。

それは、今まで20年続けて来たやり方だったから。

インナーチャイルドは、言い換えればもう1人の自分です。

なにかしようとする自分を阻むもう一人の自分はなぜ止めようとするのだろう。

それは、自分、つまりはあなたを守るためです。

過去のトラウマにより自分が汚れていては愛されない。自分は汚いもので他人に触れてはいけない。

と思ってしまった場合。

愛されたい自分は汚れることを極度に恐れます。

その裏に隠れている感情、本質はなんなのだろう。

守ろうとしてくれているもう1人の自分と戦うことにどんな意味があるだろう。

戦っても戦争はなくならない、どうしたら戦いは終わるんだろう。

20年ずっと守ろうとしてくれていたもう1人の自分と協力したらもっといろんなことが出来るんじゃないんですか?

身体に溜め込んでいた感情をエソテリックヒーリングで解放し、これからの向き合い方を確認すると。

 

Aさんは

「今まで戦うことしか考えていなかったけど。僕を守ろうとしていたんですね…考えたこともありませんでした…」

その翌日Aさんは関東へと帰りました。

後日、Aさんのお母様から電話をいただき。

 

「息子がいろいろ語ってくれました。今までの向き合い方を私たちも変えていきたいと思います。」

と報告してくれました。

辛い毎日も見方を変えればなにか気づきがあるかもしれない。

これから先のAさんがより良い毎日を送れるように祈っています。

 

エネルギーワークや、キネシオロジーで出る過去のトラウマや過去生、前世の問題が正しいか?と聞かれることがあります。

でもそれは、大きな問題ではないと思っています。

環境や状態で変わるだろうし、絶対はないといつも思っています。

大切なのは患者様に気づきを与えるきっかけになるか。

なにか変わるのであればそれは意味のあることだったんだろう。と感じます。

 

榛原郡吉田町の不思議な整体院HealingHouseSattva

 

ご予約、ご相談はお問い合わせフォームよ

コメントは受け付けていません。