接骨院からのご紹介の患者さん

先日、他の接骨院よりご紹介いただいた患者さんの症例です。

主訴は幾つもあり、主には精神面のもの。

 

内容ははしょりますが、とても繊細で敏感なタイプ。

 

椅子に腰掛けていただき、何時ものように話をしようと思ったのですが少し緊張が観て取れたので、主訴に入る前に少し無駄話をしました。

 

それは、

 

「ぼくとの距離がどれだけ開けば緊張せず話せそうですか?」

 

というものでした。

 

以前接骨院で治療を受けた時に震えてしまい動けなくなったと言う話を聞いていたので理由はなんだろうと思っていました。

 

ぼくが思うに、相手の安心できる距離を無視して治療に臨んだんだと思います。

 

少し離れてみると
この患者さんの右側には1m半ほどの緊張感のある壁みたいなものが感じられます。

 

逆に左側は柔らかく落ち着いた空気を感じました。

 

なんらかの理由で右側には異常に気を張っていなければならない状態があるんだと思います。

 

座る位置を代わってもらい、ぼくが左側にいくと患者さんも安心感があるようなのでそこから少し見えない空間の話をして、
慣れて来たところで治療に入りました。

 

治療は触れるだけ。

 

そういうのが合う人もいるし、触らないほうがいい人もいる。

 

僕もまだわからない部分が多いですが、拒絶している患者さんにそのまま触れるのはセクハラ、パワハラ…だと思うんです(´Д` )

 

その時、あった股関節の痛みは左骨盤にタッチして同調するだけで消えました。

 

首の張りも、背中の辛さも。

 

そうしているうちに右側の空間のきんちょうはなくなり、落ち着いた雰囲気になってきました。

 

エナジーダウジングで原因を掘り下げていくと

 

オーラの裂け目、穴、とエネルギーレベルでの問題がほとんど

 

バイオダイナミクスのための準備クラスのオステオパシーin藤塾
でミッドラインで肉体から空間までを一緒に同調…

 

感情レベルで非常に繊細な部分がありますが、それは必ずしも悪いことではなくそう言うものだと受け取れれば周りの見方も少し柔らかくなれるのかなと思います。

 

次回は2週間後。

 

フラワーエッセンスをブレンドして堂々巡りする感情的なストレスの弱い部分をサポートして治療を終えました。

 

表情が明るくスッキリとしていたので、まずはいい状態に向かえている思います。

 

今後、外部要因に左右されてしまう自身の内面の問題へアプローチしていく予定です。

 

これからの日常に色んないい変化が起こってくれると思います(*^o^*)

 

 

その翌日うれしいご感想をいただけました。(#^.^#)

おはようございます。昨日は不思議な時間ありがとうございました(^^)あの後買い物へそのまま行ったんですが(^-^)/
あれっ?
身体が軽い!
右足裏しっかりつける。左腕に力みがない。足の付け根も痛くない。お腹に力が入る。
何より自然に真っ直ぐ立てる(T ^ T)
一つ一つ感動しながらスーパーウロウロしてきました♪♪♪足の軸整えやアーチ作ってもらったり、○トレやってもフラフラしていたのに…

今回、先生にそんなに触れられてないのに不思議。
先生ありがとうございましたm(_ _)m身体が楽になったからこそ、帰宅後に生活していて、どこで緊張が入ってしまうのかに気付けています(*_*)本当にありがとうございました!今日は雨も上がったので、○○池に犬の散歩にのんびり行ってきます(^-^)/
前回は痛くて一周できなかったから楽しみです♪

治療後の変化がどうなるか、何が起こるか、手応えがあったとしても完全に自信を持つことは僕にはできないので、こういう連絡をいただけると安心します(*^^*)
今日はエソテリックヒーリングの勉強会
昨日の施術中に空間にあるネガティブなエネルギーをクリアにしていったのはエソテリックヒーリングの内容でした。

 

{ADEAEF5E-AB15-45BE-B453-A817943FE5BB:01}

コメントは受け付けていません。