天気病みとイオンバランス

雨の前に調子が悪くなる人へ

 

イオンバランスと天気病み

 

気象とイオンバランスはとても関係が深く、雨降りの前に起こる変化としてプラスイオンが過剰になることが挙げられます。

 

プラスイオンが過剰になって起こる症状は

 

・頭痛

・疲労

・呼吸困難

・不安

・うつ/攻撃性

など

 

一般的に不定愁訴と思われるものが多く、これらは気象の影響を強く受けています。

 

体調が天気に影響されていると感じている人は全体の7割ほどもいるそうです。

 

オフィスにマイナスイオン発生装置がある会社のほうが病欠が少ないという研究結果もあります。

 

副腎機能が低い人ほど影響されやすいという話もあり疲れやすい人や敏感な人は内臓機能をアップさせて対策することで改善していきます。

 

 

当院ではイオンバランスを簡単にチェックする検査とその治療をしております。耳つぼのwetherpointと呼ばれるつぼや、滝や海岸といったマイナスイオンが多い環境で改善します。

 

現代社会はプラスイオンが過剰になりやすく不調を感じる方も多いようです。

 

気になる症状がある方はご相談くださいませ。

 

 

コメントは受け付けていません。