寝違えと指の手術の関係

寝違えて首が痛むので見てほしいと来院された患者様。

問診時に既往歴を聞いていたら、半年前に右手の薬指を骨折して手術をし、数か月前に抜糸と抜釘したそう。

ただ、それ以降薬指は曲がらず、感覚も麻痺したままになってしまった。

治療は指の感覚麻痺と捻じれを修正することから始めました。

 

感覚麻痺の原因は首からだとお医者様は言ったそうです。

 

ところが、麻痺は指と手首の調整で消えてしまいました。

 

どういうことでしょうか?

 

少なくとも首の影響で出ていた麻痺ではないことがわかります。

手術痕はしっかりとしたケアが必要で、直接のその部分でないところに影響が出ることも多くあります。

 

指の感覚が戻った時、寝違えの痛みは半分以上消えていました。

 

 

身体の繋がりは大切。

古傷のケアはしっかりしておくと快適な生活が待っています。

 

コメントは受け付けていません。